エマガーデン コラムページ
つくば市、土浦市、阿見町を中心とした茨城県南周辺のエクステリア&ガーデン設計施工は私たちにお任せください。

  • ホーム
  • コラム
  • 高耐久天然木 【ウリン、イタウバ、アマゾンジャラ、セランガンバツ】
  • 高耐久天然木 【ウリン、イタウバ、アマゾンジャラ、セランガンバツ】

    ウリンtop-1


    屋外で天然木を使用したい際は高耐久性が求められます。
    外構工事や造園、庭園工事にて良く使用する高耐久天然木を数種類紹介します。
    【ウリン、イタウバ、アマゾンジャラ、セランガンバツ】等を弊社では良く扱っております。






    ウリンmap
    ウリンバリエ


    上記はクスノキ科の【ウリン】になります。
    別名は【ビリアン】【ボルネオ・アイアンウッド】等がございます。
    東南アジアのボルネオ島(カリマンタン島)で育成しております。
    東南アジア地域で最も重硬かつ耐久性の高い木材の一つで強度が優れております。
    他の樹種と比較して材質が安定しており、割れ、反り、曲がり等の狂いが少ないのが特徴です。
    又、東南アジア地域での実績が示す様に、シロアリ、フナクイムシ等の害虫に強く、水中、海中に使える木材として知られ、耐腐朽性において非常に優れております。
    薬剤処理をする必要も無く、環境にも負担をかけません。
    耐久性は30年以上と言われておりますが、現地桟橋は60年以上の施工例がございます。
    バクテリアに強く、土中に直接埋設可能です。
    東南アジア地域では耐久性、耐水性に優れた木材として伝えられ、欧米諸国でも高い評価を得ております。
    1950年から1996年まで輸出禁止であった為、日本ではあまり馴染みのない名前ですが、近年では外構、エクステリアで非常に多く使われております。
    実際施工では、材料納品時は茶褐色でも、施工後に雨風に当り、数週間から半年程で見た目がシルバーグレーに退色します。天然木ならではのアンティーク感がありますが、色をのせたい場合は、市販の防腐剤等を使用します。
    又、雨により灰汁(茶色の染み)が下に落ちます。コンクリートやブロックに接している場合は染みが残りやすいので、植樹マス等の土や砂利敷き等の範囲の中での施工が理想です。
    灰汁は塩素系漂白剤でブラッシング後、流水で洗い流す方法を取ります。

      






    イタウバ1
    イタウバ-1
    イタウバ-2


    上記は【イタウバ】になります。
    イタウバはブラジル等、南米諸国原産のクスノキ科の広葉樹です。
    同じ地域で産出される最高級ハードウッド材のイペと並ぶ性能を有する材料です。
    基本的に腐食剤や保護剤を塗布する必要もなく、屋外の使用環境で25年以上はもつと言われ、耐久性に優れております。
    イタウバの色合いは濃い茶褐色で、油分を多く含んでいるので木肌は滑らかで素足でも使用できます。
    樹液の染み出しは少しあります。
    イタウバは含まれている油分の影響により、表面に黒い斑点があるものもございます。







    IMG_7126_1
    セランガンバツ-1


    上記は【セランガンバツ】になります。
    セランガンバツはインドネシア等、東南アジア諸国原産のフタバガキ科の広葉樹です。
    別名【バツ】【バンキライ】【イエローバラウ】と呼ばれております。
    同じ地域で産出されるウリンと比べて安価で、加工性も良く、反りや曲がりが少ない材料です。
    公共工事実績も多数あり、安定供給が可能です。
    基本的に防腐剤や保護剤を塗布する必要もなく、屋外の使用環境で20年以上もつと言われ耐久性が優れております。
    セランガンバツの色合いは黄褐色で、樹液の染み出しもウリンに比べて比較的少ないです。
    木肌は使用経過と共に少しざらつき感がおこりますので、素足での使用は避けてください。
    又、表面にごく小さなピンホール(虫穴)が入りますが、これはセランガンバツの特徴の一つで、強度や耐久性に影響はございません。

      




  • ホーム
  • コラム
  • 高耐久天然木 【ウリン、イタウバ、アマゾンジャラ、セランガンバツ】
  • エマガーデンは
    責任施工


    エマガーデンはお打合せからお引渡しまで、お客様に笑顔でいていただきたいと考えております。

    ですから、担当者が各工程に必ず携わり、一貫してお客様に安心をお届けいたします。

    茨城県南周辺でエクステリア・ガーデン工事をお考えの方、どうぞお気軽にご相談ください。